PRODUCT製品情報

SLANTRANGE 3p(スラントレンジ3p)

SLANTRANGE

  • メーカー紹介

今までにない最強農場分析ツール

SLANTRANGEシステムは、リモートセンシングと圃場分析の革新的な組み合わせによって、新しい貴重な農業指標を作成します。

製品詳細

特徴

強力なオンボード解析

クアルコムのSnapdragonプロセッサーをベースに構築されたSLANTRANGE 3pには、強力な新しいオンボード画像処理と分析機能が搭載されており、SLANTRANGEから期待される次世代の精度とスピードを提供します。

フライトあたり4倍のエリア

コスト重視。無人飛行機の中小企業の場合、1時間あたりのより広い面積を調べる必要があります。

SLANTRANGE 3pの革新的な処理アルゴリズムは、最終シーズンの作物で操業している場合でも、わずか20%のイメージオーバーラップしか必要としません。これを従来の処理方法で必要とされる80%のオーバーラップと比較します。データを収集するのに費やす時間とコストが4倍少なくなります。

いつでもどこでも、すぐ出力

ネットワークは必要ありません。ハイエンドのコンピュータは必要ありません。

SLANTRANGE 3pは飛行中にオンボードで処理を開始します。着陸後数分以内に完全な製品フィールドの結果が得られます。

ネットワークまたはコンピューティングのアクセシビリティが限られているエリアでの操作が必要な場合や、自分のデータをアップロードまたは処理する時間がない場合は、SLANTRANGE 3pが最適です。

常に正確

正確さは重要です。投資した測定器の測定結果を信頼することと、データの微妙な変化が実際には不正確なセンサーや不正確に組み合わされたセンサーやソフトウェアの結果には、乖離があります。

SLANTRANGEは、2014年のオンボードのバンドマッチングされたソーラーキャラクタリゼーションとラジオメトリックキャリブレーションの導入により、測定精度の新しいアプローチを先駆けて特許を取得しました。

SLANTRANGE 3pはさらに正確です。革新的な新しい設計要素は、統合されたハードウェア/ソフトウェア・アーキテクチャーを組み合わせて実行され、小型航空機で利用可能な最も正確な測定値を提供します。

フレーム間放射測定法による正確な反射率測定のための統合型太陽光分光計(米国特許第9,470,579号)
精密な歪補正およびケラレ補正のための個々のレンズ特性
動的クロスチャネル登録のための最適化アルゴリズム
背景の汚れ、影、鏡面反射、その他のノイズ源の混入を避けるためにシーン要素を選択的にサンプリングするスマートフィルタリング™

これらの新機能により、3pは最も正確な空中植生測定システムが利用可能になります。


ほぼすべての航空機での使用

太陽光較正、GPS、慣性計測ユニット(IMU)が統合されているため、ほぼすべての航空機でSLANTRANGE 3pを操作できます。統合に必要なのは、電源と取り付け場所だけです。スマートな解析機能は、ジンバルや防振システムが不要で、究極のシンプルさを実現します。多くの一般的な航空機タイプの設置キットについてお問い合わせください。

仕様

Spectral Channels (Vegetation Sensor) 4
Spectral Channels (Ambient Illumination Sensor) 4
Processor Type Qualcomm Snapdragon 801
Processor Speed Quad-Core 2.26GHz
On-Board RAM 2 GB
Detector Type Si CMOS
Available Spectral Range 410 - 950 nm
Band Positions Selectable
Shutter Type Global
Positioning & Pointing Integrated GPS/IMU with Extended Kalman Filter
GSD @ 120 m AGL 4.8 cm
Recommended Image Overlap 20%
Linear Coverage Rate @ 120 m AGL, 20 m/s 1,000 Acres/Hour
160 Acre Survey @ 120 m AGL, 20 m/s 17 Minutes
Available Information Layers Population Density, Population Size Distributions, Weed Coverage, Stress, Vegetation Fraction, Yield Potential, GNDVI, RNDVI, Red Edge NDVI, Color, User-Defined Smart Detection
On Board Data Storage (Removable) 64 GB (4 hours)
Output Formats KML, SHP, GeoTIFF
Size (Vegetation Sensor) 14.6 x 6.9 x 5.7 cm
Size (Ambient Illumination Sensor) 8.1 x 3.5 x 1.7 cm
Weight 350 g
Power 11 W @ 9.0-28.0 VDC

スタート簡単4ステップ

1 カメラ設定

SLANTRANGE 3pは、色素吸収とセルの整合性を示す最も変化に富む領域に合わせた位置でスペクトル測定を行い、ほとんどの農業用途のニーズを満たす標準構成になっています。

ただし、用途よりに特定の測定条件がある場合は、3pを410から950 nmでサンプリングし、帯域幅を10 nmに設定することができます。 カメラは、超低高度または他の特別な測定地形のために工場で特注することもできます。

2 スラントビューの選択

2017年、SlantView(スラントビュー)は空中農業測定で最も強力なフィールド解析ツールに新しいレベルの柔軟性をもたらしました。

SlantView Lite - すべてのSLANTRANGEセンサーで無料! サードパーティのアプリケーションでの解析のための画像前処理と較正を提供します。

SlantView Basic - Liteのすべての機能に加え、植生ストレスマップと、わずか20%のオーバーラップの各種NDVI(正規化植生指数)と迅速な圃場での処理を具備。

SlantView Pro - スペクトルイメージングとパワフルな新しいコンピュータビジョンおよび機械学習ツールを組み合わせて、貴重な新しいレベルの情報を生み出すSlantView分析ツールの完全なパッケージです。

3 ドローンの選択

既にドローンをお持ちでしょうか? SLANTRANGE 3pはドローン投資からさらに価値を引き出すための完璧なパッケージです。

まだ最高のドローンをお探しですか? 3pは完全に自己完結しており、ほとんどの無人機と互換性があります。以下は、優れた性能を発揮し、カスタムマウントオプションを含めることができる実証済み対応ドローンです。

DJIマトリス100
DJIマトリス600
ActionDrone AD2
BirdsEyeView FireFly6 Pro

DJIドローン用のシンプルで軽量なマウントキットを提供しています。 ActionDrone AD2とBirdsEyeView FireFly6 Proはどちらも、SLANTRANGEセンサー用のカスタムマウントを備えています。

4 飛行ソフトの選択

ドローンの飛行を自動化するには、飛行ソフトが必要です。選ぶドローンに応じていくつかのオプションがあります。 DJIドローンの場合は、DroneDeployをお勧めします。これには、シンプルなユーザーインターフェイスとカスタム機能が追加されたSLANTRANGEアプリ(DroneDeploy App Marketで利用可能)が含まれています。 SLANTRANGEセンサーでDroneDeploy を使用するためのステップバイステップガイドについては、ブログの記事をご覧ください。  Mission Plannerは、DJI以外の大部分のドローンにとって最適なオプションですが、詳細はドローンメーカーにお問い合わせください。

お見積もりのご相談、
お問い合わせはお気軽に。

TEL:03-5450-5311受付時間 平日9:00~17:00

メールでお問い合わせ