MAKER取扱メーカー

IRCAM GmbH(ドイツ)

IRCAM GmbH はOliver Schreer博士とMónicaLópezSáenz博士によって2005年に設立されました。
Oliver Schreer博士は、Thermosensorik GmbHの元創設者兼マネージングディレクターでした。 MónicaLópez博士は1990年からIR物理学に携わり、Thermosensorik GmbHのマーケティングマネージャーを務めました。 IRCAMには、IRカメラやシステム開発に豊富な経験を持つ熟練したエンジニアと技術者がおり、このノウハウには、ソフトウェアやエレクトロニクスの開発からコンピュータ支援設計、IR技術の実用化までが含まれます。

赤外線は人間にとっては見えないため、IRカメラでのみ、IR画像を撮ることができます。 IRカメラの技術は複雑で、世界中の非常に少数の企業によって習得されています。高性能赤外線カメラは数年たっても利用可能で、その技術は継続的に進歩しています。開発の傾向は、より高い解像度、スピード、感度、マルチスペクトル技術(デュアルバンドおよびデュアルカラーIRカメラ)に推移しています。

赤外線は可視光に近いにもかかわらず、赤外線画像は可視画像とはかなり異なる情報をもたらします。赤外線画像は、異なるオーバーレイ効果の結果であり、場合によっては解釈が難しい場合があります。

科学的および技術的用途で、赤外線は興味深く、赤外線を調べることによって、テスト中のサンプルの熱特性に関する情報を得ることができます。赤外線イメージングは​​、数多くの技術的および科学的分野に進出しており、例えば非破壊検査(NDT)などで成功裡に適用されています。しかし、多くの分野において、IR技術はまだ始まっておらず、新たな発見や開発の機会を提供しています。

ラインナップ

お見積もりのご相談、
お問い合わせはお気軽に。

TEL:03-5450-5311受付時間 平日9:00~17:00

メールでお問い合わせ