デバイス評価測定

デバイス評価測定

ロードプルは、マイクロ波チューナーを使って、ロード(またはソース)のインピーダンスを調整する計測技術です。フォーカス社チューナを使ったロードプルセットアップは、完全かつ正確なデバイス特性評価(20MHzから110GHzの、パッケージ、オンウェハーチップトランジスタ)を成功させます。(内部抵抗同様のトランスフォーマを使ったフィクスチャ内の0.1オームもしくは、S,Cバンドで低損失プローブとベンドラインを使ったウェハ上の1.9オーム)

もっと詳しく→

ノイズ雑音測定

ノイズ雑音測定

ロードプルと雑音測定は、精密かつ効率的な低雑音増幅器およびパワーアンプに限らず、デバイスの最適化にとって非常に重要です。これらの測定は、今日の市場にてもっとも進歩したフォーカス社の特許、電気機械式オートチューナーを使って達成できます。

もっと詳しく→

● 増幅器特性評価

増幅器特性評価

フォーカス社アイチューナー(iTuner)技術は、ASCIIコマンドを通して直接のTCP/IP通信を可能にします。これが、アンプの安定性試験を容易にします。 定VSWR円上で電力測定もしくは、スペクトラムアナライザーの各種パラメータを自動コマンドで実行できます。特定のVSWR(振幅と位相)に直接コマンドを使ってチューンニングします。 アクティブXのライブラリーで、チューナーを既存のソフトウェア(C++, Basic, LabView, VEE, MatLab and Excel)に簡単に統合できます。 より高いVSWRの精密なチューニングのために、新しい校正技術も用意されています。


(リンク ファイル名: PN-82)
典型的な増幅器安定性(耐久性)試験の手順

WiMax WLAN

WiMax WLAN

WLAN、WiMAX用に アンプの効率、直線性、利得を改善するソリューションを用意しております。ソフトウェアの性能は、基本的な安定性試験から、先進的なCCDF, ACPR とEVM測定を網羅しています。 (オンウェハーマルチチップの自動化を含む。)

もっと詳しく→

GSM / WCDMA / 3G / Cellular

GSM / WCDMA / 3G / Cellular

AMPS バンド: 800 MHz GSM バンド: 850-1900 MHz WCDMA バンド: 1.9-2.2 GHz

もっと詳しく→

特機無線・防衛

特機無線・防衛

従来の無線器は、100-500 MHz 帯で運用されますが、未知である製品が要求される防衛上の技術革新では下限を10-100 MHz帯まで下げています。

もっと詳しく→